たつひとの
整体・整骨とストレッチ

◆町で入手した整体・整骨の知識やストレッチのメモです◆

2018/6/19 改訂

ストレッチ  整体 

ストレッチ

日付 内容
肩甲骨の筋肉
のストレッチ

<肩甲骨間を開く> 【泉栄子先生】
 ・開脚で,片方を折り曲げ,折り曲げた方の手で,伸ばしている足の
  外側をもち,引っ張る。
 ・伸ばしている足を曲げてもOK。とどかなければタオル使用もOK。

<左右肩甲骨の間の筋肉の運動> 【あおき先生】
 ・四つん這いになって,背中を丸く押し上げる。
  体を,前後左右に軽く振る。
  体から音がでなくなるまで。
 ・四つん這いになって,お腹を下方へ押し下げる。
  体を,前後左右に軽く振る。
  体から音がでなくなるまで。

ではでは。
(^-^)v 高橋達人(たかはし たつひと)
きちっとした姿勢
を作る

きちっとした姿勢を作る> 【中村格子かくこ先生】

 朝: 30秒
  @真っ直ぐ立って,お腹を引っ込めた姿勢を作ります。
   両手を頭の上に真っ直ぐ伸ばし手掌同士をつけ,お腹を伸ばして腕を左右横に10回振る。
   この時,足は踵をつけ左右に45度開き,爪先立ちで行う。
  A右足を前に出して,腕を肩の位置で組み,右に5回身体を大きくひねる。
   手だけでなくお臍ごとひねる。
   次いで左足を前に出して左に5回ひねる。

 夜:
  ・寝た状態で,真っ直ぐ体を伸ばす。腕を頭の上で手掌を合わせて伸ばします。
   爪先を5回起こす。横に5回起こす。

これにより,姿勢がよくなるとともにウエストも細くなります。

正しい姿勢
  頭上に伸ばした両手掌を合わせ,音楽のメトロノームのように,左右に10回。
  正しい姿勢が実感できます。
  体がボキボキいったりして。
  時間があるとき,気がついたとき,やるとよい運動です。
  私のお気に入りです。(^-^)

ではでは。
(^-^)v 【160130】

[▲Top]

整体・整骨の知識

日付 内容




膝 半月板損傷

膝半月板とは
 ・半月 板は膝関節の大腿骨と脛骨の間にあるC型をした軟骨様の板で。
  内側・外側にそれぞれがあり、クッションとスタビライザーの役割
 ・半月板が損傷すると、膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたりする。

 ・レントゲン写真では半月板は写りません。
  症状や診察で半月損傷を疑えばMRI検査を行います。

膝半月板の損傷防止

 ・膝を指先方向へ曲げるのは問題なし。
 ・膝の方向と爪先の方向が違うと,半月板に負荷がかかる。
 ・体重が加わった状態でのひねりや衝撃によって半月だけが損傷。
  前十字靱帯損傷などに合併して起こるものがある。
 ・半月板は加齢に伴い変性。40歳以上では半月損傷が起こりやすくなる。

座り方> (180618)

 ・胡坐あぐらは,半月板に接触。
 ・正座も,半月板一部接触
 ・膝を痛めている方の足は,長座で。問題ない方は,胡坐座。

膝の水抜き> 【米谷先生 180617】
 ・膝にたまった抜くと水がまたたまる。
 ・安易に水を抜くのでなく,膝に水がたまらないように治療する。

ではでは。
(^-^)v




整体・整骨の知識


(2017/7/23)

親指の可動域と他の四本の可動域
 ・親指は360度,他の指は一方向。
 ・親指は,手の動きのほとんどに関与。

橈骨部と尺骨部
 ・橈骨部と尺骨部
  それぞれ「とうこつぶ」,「しゃっこつぶ」と呼びます。
  前腕にある二つの骨の名前です。
  合気道技法の本にもでてくる名称です。
  どちらがどちらかわかりませんよね。

 ・橈骨部と尺骨部の覚え方。
  「うさん親指の側にあるのが橈骨部(うこつぶ)」【あおき先生】

相撲の股割り 
 ・最近は,体操で足の筋肉を伸ばしている。
 ・無理やりやる「股割り」は一度筋肉を切断するので,力をだす筋肉にとって好ましくないとの判断。


肋骨のひびと回復 
 ・肋骨はすぐひびが入るが,自然と治癒する。

二頭筋の意味
 ・

捻挫,突き指した時の対処 
 ・とにかく冷やし,血管を収縮させて,内部での出血を止める。

老人の前かがみ
 ・前の筋肉が勝って,後ろの筋肉が弱くなった結果。

整体と整骨の違い 
 ・整骨院,骨接ぎは,保険適用。国家試験の資格要。
  整体は保険適用外。

腕を伸ばす筋肉
 ・前腕と上腕の後ろ側の筋肉

ピアノと伸張力
 ・ピアノを弾くときは,上腕はポヨポヨ。
  五井野先生の上腕。
 ・初心者は
  鍵盤をたたくときは親指から中指までは指先でできるが,
  薬指と小指は第一指の指の腹でたたいてしまう。
  音ができない。【五井野先生T】

 ・音を出すには,腕の重さを使うと指導。【五井野先生】

  →たぶん,すごいピアニストは丹田と結合させ,
   体の重さをつかうのでしょうね。【T】

フローティングリブ
 ・

肩甲骨を剥がす体操
 ・テーブルに両手をついて,腰から上半身を曲げ
  首を両腕の間に落とすようにいれ,
  体を下方へ落とす。

筋肉の作動
 ・怖いと思うと筋肉に指示がいく
  過去,ケガなどをした部分は,その部分を守るため,
  筋肉が,無意識に活動。
  体の可動範囲を狭めてしまう。

マッサージによるほぐし,ストレッチ,筋肉強化
 ・まずは,マッサージによる筋肉のほぐしが必要。
 ・筋肉をほぐすには,ほぐす筋肉を使っては,ほぐしにならない。
  足首を回す時は,足で回さず,足首の上をもって手で回す


 ・


 ・

ではでは。
(^-^)v 高橋達人(たかはし たつひと)

[▲Top]

本ホームページの作成者・管理者: 高橋達人 (Doctor T)