★たつひとの合気道技法★
合気道の極意を技に展開して
その8−5 拳くっつけ合気

<いつも工事中>

たつひとの合気道 極意 礼法 体操 基本動作 呼吸法 固め技 投げ技 呼吸投げ  技目次

体の常識,合気の非常識。合気の常識,体の非常識
 
Do with Aiki

◆拳くっつけ合気をここで整理してみていきたいと思います◆

2017/1/19 改訂

こぶし くっつけ合気
Fist Kuttsuke Aiki

拳くっつけ合気とは

拳くっつけ合気とは 解説・ポイント



はじめに

・くっつけ合気のページが,膨大な量になってきたので,手掌や甲を合わせるくっつけ合気とは別に,
 より高度で強烈な「拳くっつ合気」を抜き出し,ページをつくることとしました。

・拳くっつけの特徴は,
  ・相手に手掌を上にして手をだしてもらうところからスタート
   柔術技の途中からの行う「くっつけ捌き」はできない。
  ・拳を上に載せるので,相手もこの拳を通じて技・動作を仕掛けてくるとの心積りができる
  ・相手は普段の生活の中での経験から,拳で押すぐらいの力は耐えることができると思っている
  ・デモンストレーションとしては見栄えがする。

・合気としては,手掌くっつけや甲くっつけはマイルドな結合(結び)であるのに対し,
 拳くっつけ合気は強固な結合(結び)で,正しく行えば,簡単には外れることはない。

・この「拳くっつけ合気」は,【Tatsu Original】です。 (^-^)

(^-^)v



拳くっつけ合気

原理

拳くっつけ合気の原理

 ・逆半身で出してもらった相手の手掌の上に載せた拳を伸張力で下方に押し付けます。
  これで結合ができました


 ・手掌に載せた拳の荷重を,体の経験から,手掌で支えようと受けは思います。
  一度に大きな荷重を載せると,手掌で支えきれずにすべり落ちてしまいます。
  膝の抜きを使わなくても,前腕の伸張力だけで十分です。

 ・拳は握りしめると伸張力が生かせません。自然に握るだけでOKです。
  握りは,大マグカップの取っ手を持つイメージでも,卵を持つイメージでも大丈夫です。
  握り締めると上腕が働き,体を硬くしてしまいます。
  できれば意識は,小指と薬指の相手の手掌に当たっている部分です。
  物理的な接触により,気持ちを持っていきやすいです。

 ・伸張力で,ある荷重を手掌にかけたところで,受けは,手掌に加えられた荷重を
  考慮して自分の体をバランスを取ります。
  この状態は,すでに少し張り付いた状態となります。
  この状態を「結び」と称することができます。

 ・受けは少し張り付いたところでバランスするので,押された荷重が保たれた状態で,
  受けの体を保持します。したがって,荷重を抜かない限りそのままです。
  「結び」の継続。

   →手掌合わせのくっつけ合わせは,拳より弱い力でのくっつけ合気です。
    拳くっつけの場合は,より強く載せることができ,強固な結びとなります。
    あまりに強く載せすぎると,落としや投げになってしまいます。

  ・この状態で,受けは手掌に乗せた取りの拳の動きに対して常に体のリバランスを行わなくては
   ならない状態となります。
  ・合気道における「結び」は観念的なものではありません。

  ・合気上げでは,この荷重を前腕伸張力つかって,体のBody massをベースに上方へ向けて,上げます。
   前腕伸張力で手掌に与える荷重をわずかづつでも増加させ,かつ方向を変えています。

  ・合気落としでは,相手の手掌に自己の体重を少しづつ載せていきます。
   体が垂直であることが重力を使うポイントです。
   手掌に載せる荷重が60kgに達するまでに相手は床にへばりついています。
   上げるか,落とすかはあなたの想いだけです。

(^-^)v

[▲Top]

拳手掌くっつけ合気上げ

Tatsu Original

項目 解説・ポイント




拳手掌くっつけ合気上げ

概要

・合気動作の中で,最も難しいと思っている合気上げです。【Tatsu Original】の合気動作です。

<拳手掌くっつけ合気上げ>
  ・逆半身で相手の手掌の上に載せた拳を伸張力で下方に押し付けます。
   これで結合ができました。
   はずそうと思ってもはずれない「結び」となります。
  ・後は,拳の小指の部分に意識を持っていて,小指から先行して頭上まで上げて行きます。
  ・握りは,大マグカップの取っ手を持つイメージでも,卵を持つイメージでも大丈夫です。
   握り締めると上腕が働き,体を硬くしてしまいます。

   →合気上げ

(^-^)v




拳手掌くっつけ合気上げ

【高難度合気動作】

拳手掌くっつけ合気上げ

 ・逆半身で,相手に手掌を差し出してもらい,拳を載せます。
  拳は,手掌にすわりのよい位置に。

 ・両足の位置はそのままに,腰から上体を動かし前足荷重で体を相手に正対させ,
  拳の小指に意識を持っていき,小指を先行で伸張力で合気上げ。
  頭上まで上げます。
 ・この間,伸張力を継続して発揮することが必要です。

 ・頭上まで上げると,相手の手がねじれ,拳と手掌が強固に接続。

 ・常に前腕伸張力を使用。初動は小指先行で合気上げ。

 ・最大限,拳を上に高く上げることにより,相手は爪先立ちになります。

拳手掌くっつけ合気上げバックストレッチ

 ・拳手掌くっつけ合気上げのあとからはストレッチ。
  もっとも難しい合気上げストレッチです。

 ・合気上げの後,送足で拳を相手の背後に移動していきます。   相手はゆっくり逆海老ぞりになります。

 ・その後,拳の腕をゆっくり相手の胸の上におろしてバックストレッチ。

(^-^)v




拳手掌くっつけ合気上げ

ポイント


拳と手掌のくっつけ> 【T】
 ・手掌に拳をのせたまま,合気上げの様にあげると離れてしまう。
 ・手掌にGravityを前腕伸張力で載せることで,強固な結合ができる。
  載せたGravityを手掌から除かないと手を離すことはできない。
  拳を除く為に手掌から力を抜くと,そのまま手掌を下方に落とされてしまいます。
 ・手掌に拳を伸張力で押すイメージは,糊でぐっとくっつけるイメージです。
  本当についてしまった感じです。
 ・結合ができたあと,伸張力で頭上まで上げていく。

拳の上げ方> 【T】

 ・手刀先行合気上げと同じく,小指に意識を持って行き上げて行きます。
  球体の内面を滑らせ上げるイメージです。

合気上げと内肘角度> 【T】

 ・内肘が閉じては,拳が相手の手掌から離れてしまいます。
 ・肘を開きながら,拳で押し出しながら上げて行きます。
 ・イメージは剣道での竹刀の素振りで,竹刀を背中の中心にあてる練習のときの
  左手の動きです。このとき,左手は最終的には頭上まで上がります。

 ・Jessの質問 「上げるとき内肘が開くように上げるのか」
   A: 押し出すように,上げていく。このときは内肘を徐々に開いていく。
      →内肘が曲がったときに,ガソリンを入れた状態。
       手掌に拳と載せるときにガソリンを使いきっては問題。
       結合をつけるのが目的。
       結合ができるだけのガソリンを使えばOK。
       →わずかのガソリンで確実にくっつけられます。

バックストレッチへの移行> 【T】

  ・上げた後は,拳を上位に保ったまま,相手の背後に移動。ストレッチに。
   「拳手掌くっつけ合気上げストレッチ」 【Tatsu Original】

(^-^)v

[▲Top]

拳手掌くっつけ技

Tatsu Original

項目 解説・ポイント




拳手掌くっつけ技

概要

 ・逆半身拳手掌載せ四方投げ表
 ・逆半身拳手掌載せ四方投げ裏
 ・逆半身拳手掌載せその場落とし回転投げ
 ・逆半身拳手掌載せ腕潜り落とし回転投げ
 ・逆半身拳手掌載せ前方拳投げ

 ・相半身拳手掌載せ四方投げ表
 ・相半身拳手掌載せ倉田投げ
 ・相半身拳手掌載せ肩入れ投げ

(^-^)v

[▲Top]

たつひとの合気道 極意 礼法 体操 基本動作 呼吸法 固め技 投げ技 呼吸投げ  技目次


本ホームページの作成者・管理者: 高橋達人 (Doctor T)