★たつひとの合気道技法★
合気道の極意を技に展開して
その6 座技

<いつも工事中>

たつひとの合気道 極意 礼法 体操 基本動作 呼吸法 固め技 投げ技 呼吸投げ 技目次

◆動き・技の基本は,一通り理解しているとして,ポイントを見ていきたいと思います。

2016/09/26 改訂

座技 ざぎ
Seated Techniques

座技  座技固め技  座技投げ技

座技について

座技 動作・技のポイント
座技について
佐川幸義先生が『透明な力』の本の中で,武田惣角先生について,

  「何が膝行だ。そんなものは大東流にはなかったよ」 【透明な力(文庫版)p126】

 →すごい話です。【T】

 →現在でも,大東流は,「御式内おしきうち」,「殿中武術でんちゅうぶじゅつ」,「殿中技」としています。
  「殿中を血で汚すことなく,敵を制御する武術として研究大成されており,座技の多い のも特徴」
  武田惣角先生が伝えていないのに,完全にメイキングですね。

 →大東流でないとすると,座技技は合気道,オリジナルということになります。【T】

(^-^)v
座技の流れ 正座から,重心を落として,大地に密着したような安定性を保ちつつ,
爪先を立てた跪座きざで相手を捌き技をかけます。

<取り>
 ・取りは足首を伸ばし,正座で相対したところからスタートします。
  攻撃が仕掛けられるや,跪座,すなわち爪先つまさき立ちにし足首を立て行動に移ります。
  ただし,練習や審査の先生の指示により半身でスタートする場合もあります。
 ・座技では,取りと受けともに,足が50pほど短くなったわけですから,
  大きく動き回ることができません。
  なるべく,その場で,あまり動かず,
  上下方向の動きで捌かなければなりません。
 ・技は表と裏をはっきり区別します。
 ・最後は,足首を伸ばして終わります。

<受け>
 ・受けも足首を伸ばした所,すなわち正座からスタートします。
 ・受けの技量が高くないとうまく技もできません。
  畳が滑りやすい場合とそうでない場合があって,
  畳の抵抗をそのまま取りに伝えては技がうまくまとまりません。
  研究してみてください。

(^_^)v
座技上達の方法  
<膝行>
 ・座技の技をスムーズに行うには,まず,膝行の練習が大切です。
  前進,後退,転回,転換ができるように練習します。体はいつも垂直です。

<膝について>
 ・座技を訓練する人は膝を痛めやすいので注意が必要です。
  少しづつ,強度を高める練習をしてください。必要でしたら,膝のサポーターも有効です。
  瘡蓋かさぶたができると飛び上がるほど痛いです。
  また,出血で道場の畳を汚すことにもなります。

 ・昔の人は畳の生活で,膝行が難なくできたと教わりましたが,これは間違い,
  普通は立って移動しますね。
  膝行や座技をやりすぎて,晩年に膝を悪くした先輩が多くいます。
  練習は,適度に行ってください。

(^_^)v
参照
 
☆達人の合気蔵書☆
☆達人の合気ビデオ☆
合気道技報(光和堂 1962)
合気道秘要(東京書店)


[▲Top]

座技固め技
Seated Control (Locking and Pinning) Techniques

正面打ち
固め技
かためわざ
動作・技のポイント
座技正面打ち
の捌き
正座あるいは右半身スタート。

基本の捌き
 : 固め技の立技の正面打ち表捌きと同じです。
  ・正面打ちで打ち込んでくる相手の腕の手首と肘ひじを,両手でそれぞれ受け抑えます。
   座技の場合,あまり身長差は影響しないと思いますので,相手の手首と肘を受け抑えできると思います。
   それでも,手首に届かない場合は,二の腕と肘,または,両手を二の腕にあてがいます。
  ・または相手の右肘へ右手であてがい,相手の右肋あばらへ左拳で当身を入れます。

  ・米谷守正先生の手捌き:削ぎ差し
   前方の右手の甲から,打ちこんでくる相手の右腕の肘上,二の腕のにあてがい
   右手を伸張力を利用し親指を軸に外にひねり開きながら相手の腕を外に誘導し,
   相手の攻撃の線を外します。
  ・次いで,右膝を右前に進め,自己の前面で一教で落とします。
  ・相手の上腕上方が取りの真中になります。

 : 固め技の立技の正面打ち裏捌きと同じです。
  ・手の受け方は,表と同じです。
  ・表に押し出さないように,受けの裏で相手の肘を中心に背転します。
  ・持っている位置を常に自己の前面で操作することが大切です。

押し出し捌き> 【Mathew】130411
 : 相手の打ちの強さが不明の場合,一旦,内に体を捌き,その後,一教を行う方法です。
  ・相手が打ってくる攻撃の線を内に外し,前右膝を膝行で相手の表,内,自己の右前に
   進め入り(送足に相当),後左手で,右手の打ちを攻撃の線から外に押し出し捌く。
  ・この時,相手の右手をただ外へ押すのではなく,左手前腕の伸張力を生かした米谷先生の
   左手の外への捻り出しによる捌き(削ぎ出し捌き)が必要。これにより左手は強い合気の腕になり,
   きちっと相手の打ちを捌くことができる。
  ・右手は顔面に当身。当身により相手との間合いを正確に把握することができます。

 : 裏に入りながら,受けの攻撃の線から外へ,相手の打ちを押し出し捌きます。
  ・攻撃の線を外し,後左膝から裏に入り,後左手で,右手の打ちを大きく攻撃の線から外に押し捌く。
   右手が顔面に当身。

(^_^)v
座技

正面打ち
一教
いっきょう
右相半身からスタートとします。

座技正面打ち一教表
 ・ゆっくり大きく行います。
  ただし,自己はあまり動かず相手を動かします。
  平面的な動きでなく,上下動のある大きな動きで行います。
  座技の平面での動きは極めて少なくするのがポイントです。
 ・手の伸張力を使った,相手の正面打ちの捌き,削ぎ出しは有効です。
  相手を返し崩したら,直ちに下方へ重力崩しで極めます。

座技正面打ち一教裏
 ・相手の裏で捌きますので,相手裏へ膝行で入ります。
  表より,膝の捌きが大きくなります。
 ・返しで,受けを自らの前方へ倒しすぎると後がきつくなります。
  向こう側へ押し倒し過ぎると,裏へ回れなくなり,腕を引っ張る形になりやすいです。
 ・相手の攻撃の面を表側へ入らないように,することが大切です。
 ・受けを導く手がいつも体の前面にあるように,手と体が一体になるようにします。

(^-^)v
座技

正面打ち
二教
にきょう
右相半身スタート。

座技正面打ち二教表
 ・基本的には,一教と同じ捌きで相手を崩します。
 ・必ず崩してから,相手の手を持ちかえます。
 ・持ちかえる方法は二種類: 
   @手の甲から回し掴む
   A手掌で相手の甲を回し持つ
  かです。
 ・二教では,相手の手首を前へクランクを回すように回し落とす動作が必要です。
 ・座り極めに,直接持っていく方法と,一度,一教のように極めてから
  持っていく方法の二種類があります。
 ・座り極めは相手の肩を両膝の間に位置させます。強く挟み込む必要はありません。
  これで,相手の肩が自己の真中になります。
 ・相手の腕を挟んでいる肩とは反対の肩に向かって決めます。
  相手の筋を伸ばしてあげるつもりで行います。
  逃げをつくらず相手の頭上方向へ持っていくと極まりますが,
  相手に多くの痛みを与えることになります。
  なるべく,ストレッチになるようにしてあげましょうね。
 ・座り極めでは,自分の背中が丸くならないように,真っ直ぐになるように
  心がけましょう。

座技正面打ち二教裏
 ・相手の裏に入ってから二教極めを行います。
 ・二教極めは,相手の丹田と自己の丹田を意識して行います。
  それには,相手の甲を当てた胸を相手に向けます。
 ・「痛くてごめんなさいね」と相手に,背を真っ直ぐにして腰から
  上半身を曲げる動作です。
  腰のパワーが相手の手首と腕に載って,すぐに効きます。
 ・二教極めを行った後,相手の肘の下を押し上げ,そのまま自己の膝の間へ
  押し沈めます。
 ・直ちに,座り二教極めができます。

(^-^)v
座技

正面打ち
三教
さんきょう
右相半身スタート。

座技正面打ち三教表
 ・相手を崩し,相手の腕を床に平行にし,
  左手で三教に取ります。
  右手で相手の顔面に当身を入れながら,
  腕の外にでて,背中から後ろにさがって,相手に右後肩を下方へ床まで崩します。
 ・引っ張って崩すのではなく,ダイレクトに右手で後肩を下方へ
  重力と伸張力で床まで押し崩します。
 ・肩口に戻り両膝で挟んで,跪座で座り
  相手の右手を右手で三教で取り,座り三教極めを行います。

座技正面打ち三教裏
 ・相手の裏に入ってから三教極めを行います。
 ・左手をそのままに,右手で相手の右腕に絡め,相手の後肩を下方に,
  自己の両膝の間へ誘導しつつ落とします。
 ・練習のため,一度,受けを起き上がらせてから,立ち裏極めと同じ三教を極め,
  それから落とす稽古もしてください。
 ・受けの肩口を両膝で挟んで,跪座で座り
  相手の右手を右手で三教で取り,座り三教極めを行います。

(^-^)v
座技

正面打ち
四教
よんきょう
右相半身スタート。

座技正面打ち四教表
 ・相手を返し崩すところまでは,一教の表と同じです。
  崩してから四教表を極めます。
 ・最後の極めは,体の動きと内手首抑える動きを区別せずに行います。
 ・特に腕の大きな人は,手首抑えのポイントが筋肉に隠れてしまっていますので,
  体の動きで極めていきます。
  伸張力を用いて,自己の人差指の付け根を前腕の内側の中心に当てると
  自己の人差指の付け根がひとりでに内関のツボにはまり込みます。
  手で前腕を押さえようとすると,自己の人差指の付け根自体が
  引っ込んでしまします。面白いですね。
  前腕の伸張力を使って,押し当て押し落とすことが大切です。

 ・相手に近い方の膝を相手の上腕に載せる方法が荒技としてありますが,
  豪州ではこの方法を取っています。

座技正面打ち四教裏
 ・裏に入ってから,四教の極めに入ります。
 ・四教の極めの抑える場所は,比較的どの人も表にでていますので
  表と違い,極めを行いながら,相手を崩すことが容易と思います。
 ・相手の橈骨部とうこつぶに対して,
  自己の人差指の付け根をあて,腰の回転力で回し抑えます。
  受けの両肩と二の腕がまっすぐになるようにし,肘を直角に保ったまま,
  前腕の内側の橈骨部をノコギリを引くように攻めながら 回し極めます。
 ・裏に廻りながら,下方に極めます。
  最後の極めも,腰の捻りで極めます。

(^_^)v
正面打ち
一教から四教まで
連続技
 正面打ちの一教から四教まで,表裏と左右と連続して行います。
 ・まずは,正座から,お互い右相半身に構えてスタートです。
  右表→左表→右裏→左裏と一教からと四教まで連続して行います。
 ・この一教右表から四教左裏まで,一分間で行うことが,初段レベルできるように練習しましょう。
  膝行で動き回ってでは,この一分以内に終えることはできません。
  自分があまり動かず相手を動かす技を行います。
  また上下動で崩していきます。
  受けが打ってくるのを待っていては,これも一分を切れません。
  極めの形がきちっとできたら次に移ります。
  積極的に相手に出ていく捌きが必要です。
 ・受けは,素早い対応が必要です。決まったら直ちに,打ちにかかります。
  きちっと極めの形ができたら,畳をたたきます。
 がんばってください。

(^-^)v
正面打ち五教 右相半身スタート。

 ・左手で相手の肘を下方より当て捌く
 ・相手の腕の伸ばして捌く
  ところが,一教と異なります。

(^-^)v
攻撃別
座技固め技
攻撃の種類による座技固め技のポイント
胸取り


胸取り
むなどり
固め技
左逆半身スタート。
胸取りに対しては,左膝を下げるとともに,相手の顔面へ,掌底で当身を入れます。
これにより,相手との間合いが適正なものとなります。
胸へのパンチと考えて動くもとも有効です。

<胸取り一教・二教・三教・四教の捌き>
 ・右手で顔面に当身を入れます。
 ・相手の右手が胸に届く前に,相手の手首を掴むことができた場合は,
  そこから返していきます。
 ・相手が胸を掴んだ場合は,左手を腕の下から相手の右肘下に当て,右手を
  相手の右内肘に当て,重力で瞬間的に崩します。
 ・その後,右手を相手の手首に移し掴み,腰で胸を相手側に押し返し
  相手を返します。

(^_^)v
参照
 
☆達人の合気蔵書☆
☆達人の合気ビデオ☆
合気道技報(光和堂 1962)
合気道秘要(東京書店)


[▲Top]


座技投げ技
Seated Thorowing Techniques

座技投げ技 動作・技のポイント
座技投げ技のポイント ・座技の技では,技の種類が限定されます。


(^_^)v
攻撃別
座技投げ技
攻撃の種類による座技投げ技のポイント
正面打ち入身投げ  正面打ち入身投げ


正面打ち

入身投げ
・相手の裏へ入るや,その場入身投げを行います。
・相手の背中を押すように,真下に投げます。

(^_^)v


正面打ち

小手返し


(^_^)v
参照
 
☆達人の合気蔵書☆
☆達人の合気ビデオ☆
合気道技報(光和堂 1962)
合気道秘要(東京書店)


[▲Top]


たつひとの合気道 極意 礼法 体操 基本動作 呼吸法 固め技 投げ技 呼吸投げ 技目次


本ホームページの作成者・管理者: 高橋達人 (Doctor T)