★たつひとの合気道技法★
合気道の極意を技に展開して
その10 短刀取り

<いつも工事中>

たつひとの合気道 極意 礼法 体操 基本動作 呼吸法 固め技 投げ技 呼吸投げ 技目次

◆武器取りは,怪我をしないように注意して行います。

2016/09/28 改訂

短刀取りの基本  短刀突き  短刀正面打ち  短刀横面打ち  銃取り 

短刀取りの基本 たんとうどりのきほん

項目 動作・技のポイント



合気道おける
短刀の持ち方
と攻撃の仕方
<短刀の持ち方と刃の向き>
 ・短刀の持ち方は,4通りあります。
   @順手で,刃を下にして持つ。
   A順手で,刃を上にして持つ。
   B逆手で,刃を下にして持つ。
   C逆的で,刃を上にして持つ。

 ・一般に,短刀が鞘さやに入っていて,懐または帯に差しているは,刃は上を向いています。
 ・また,鞘なしで剥き身で短刀を持つ場合は,刃を上にして折りたたんだ手拭いの間に入れて,
  着物の懐にしまいます。
  これらの状態から,短刀を抜く場合,順手でも逆手でも刃が上を向きます。

  一方,鞘に入った短刀を左手に持って右手で抜く場合は,順手では刃が下に,
  逆手では刃が上を向きます。

 ・なお,短刀は手の中でくるっと回し持ちかえ,刃を下に向けることも容易です。

<短刀での受けの攻撃>
 (1) 突き
  左半身スタート。
  ・突きと同じです。短刀は通常,右手に持ちますが,世界には左に持つ人がいてもおかしくありません。
   稽古ではこのことも頭に入れ練習してください。
  ・構えは,左半身で短刀を右手に持ってスタートです。相手に見せないように,背中に隠すことがある。
  ・相手の腹に向かって短刀を縦にして一歩踏み出して突きます。。
  ・短刀を真っ直ぐついた後,捻る。
  ・胸は肋骨あばらぼねがあるので,短刀を縦にしても刺さりません。
   胸を突く場合短刀を横にして突きます。

 (2) 正面打ち
  右半身スタート。
  ・短刀を前の手で打つ場合と一歩踏み出して突く場合がある。
  ・短刀の持ち方は順手と逆手がある。順手は刃が下。
   逆手は刃が上の場合と下の場合がある。

 (3) 横面打ち
  左半身スタート。
  ・構えは短刀を右手に持つ。見せないように背中に隠すことがある。
  ・短刀の持ち方に順手と逆手がある。
   順手の場合は刃が下になる。
   逆手の場合は刃が上になる場合と下になる場合がある。

 (4) 後ろからの攻撃:後短刀つきつけ,後短刀首当て

<短刀に対する取りの対応>
 ・相手が右手で攻めてくるとは限らない。
  背中で,短刀を持ちかえることもある。
 ・自然体。もしくは半身で歩幅を小さくし,左右に動きやすい体勢を取る。

(^_^)v



合気道おける
短刀取りの注意
 ・受けは短刀をしっかり持つこと。
  取りは,受けの持つ短刀が技の途中で外れ落ちないように技の途中の締め,極めに十分注意すること。
  −短刀が手を離れて,その上に受身を取ると腹を突き刺すことになる。模擬刀といえども危険。
  丁寧に技を行うこと。
 ・短刀は実際に刃がついているものとして扱うこと。
 ・短刀を渡す時は,考えによって種々の方法がある
   刃を自分に向けて渡す。
   刃を返す時は,刃に注意し,刃が上を向くように回す。反対に回すと手を傷つける。
 ・短刀を持って受けの練習をする。

(^_^)v
参照
 
☆達人の合気蔵書☆
☆達人の合気ビデオ☆
武産合気道 第5巻 武器取り・二人取り編 (斉藤守弘 合気ニュース 2001) p95〜127



[▲Top]


短刀突き たんとうつき

項目 動作・技のポイント



短刀突き外捌き
の基本
受け:右手に短刀を持ち左半身。取り:左相半身スタート。
・相手が突いてくるや,攻撃の線を外すため左後足から受けの右側面へ
 

 

(^_^)v
技別
短刀取り
各種短刀取りのポイント
短刀突き外捌き: 入身投げ・ 四方投げ・ 小手返し・ 腰投げ・ 呼吸投げ・ 一教
短刀突き内捌き:



短刀突き外捌き
側方入身投げ
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き外捌き
側方入身変形首締め
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き外捌き
入身後投げ
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き外捌き
肩入れ投げ
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き外捌き
手首持ち突っ張り呼吸投げ
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き外捌き
四方投げ
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き外捌き
両肩落し
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き外捌き
腰引き落とし
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き外捌き
腕拉ぎ呼吸投げ/天秤投げ
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き外捌き
肘極め ひじぎめ
小手を捻り返して受けの腕を自己の体に密着させ,肘関節を極めて短刀を取る技法。

 @合気道上達BOOK 成美堂出版2003 p162-163
 A合気道 成美堂出版2003 p154-155

左相半身スタート。
・受けが右手で短刀を持ち突いてくると同時に,
 左半身から左足を,受けの側面,自己の左方向へ進め,受けの攻撃の線を外す。
 同時に右足を引き寄せ裏三角になるように移す。一重身ひとえみの入身。
・手は,左手刀で相手の前腕を制する。
 
・左手で相手の右腕の上を滑らせ,小手を掴み,
 小手を捻り返す。これにより相手の肘が上を向く。
・受けの右腕を自己の体に密着させて,
 ゆるやかに右に転じつつ,小手を左前方へ引き延ばすようにし,しゃがみ肘関節を圧迫する。
 両腕で抱え込むように,自己の左肘で相手の右肘を極める。
・相手の握りが緩んだら右手で短刀を取る。

 ◇さらに,肘を極めたまま体を左に回し戻すと,さらに肘を極めることができる。
  ただし,受けの肘を痛める可能性が大。【T】

 

(^_^)v



短刀突き外捌き
一教引き落とし
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き外捌き
小手返し
  @合気道 成美堂出版2007 p137-138
  A合気道上達BOOK 成美堂出版2003 p164-165

左相半身スタート。
・左相半身から左足を,受けの側面,自己の左方向へ進め,受けの攻撃の線を外す。
 同時に右足を引き寄せ裏三角になるように移す。一重身ひとえみの入身。

・この裏三角から,相手の担当の動きに合わせて,転回足を行い,常に相手の短刀の位置が
 自己のパワーゾーンにあるようにします。
 転回足により左爪先は,相手と同じ方向を向きます。【T】140205

・手は,左手刀で相手の前腕を制する。
 この場合の手刀とは手の手刀から前腕全体をいいます。

・左手をそのまま滑らすように受けの右小手を掴む。
 この場合掴む部分は相手の手首でもよいです。
 左足を軸に背面転換し,相手を真中に落とし崩し,
 その後,体を開き,短刀の刃が受けの顔を向くように小手を返す。
 ※素早くやりすぎると,顔面に短刀の先が突き刺さって怪我をするので注意。

 ◇転換のとき,相手の小手が自己の中心,真中で操作する。
  その後,真中に維持しながら体を開く。【T】

・短刀取りの場合は,短刀を取ることが目的なので,
 遠くへ投げようとせず,
 自己の前に落とすつもりで投げる。

・手首を曲げると同時に,受けの肘を曲げ,受けの頭の方へ力をかけ,
 受けのうつ伏せに抑えて,手首,肩関節を極め,受けの握りが緩んだ後,
 右手で短刀を取る。
 
 または,受けをうつ伏せに抑えた後,左膝を相手の背中の上にのせ,体で,
 相手の腕を真っ直ぐ,頭方向へ攻めることで容易に短刀を取り上げることができます。

・残姿:
 相手の短刀を首筋にあて残姿とします。
 また,相手をうつ伏せに極めたまま,短刀を逆手に振りかぶり
 残姿とすることもできます。

(^_^)v
項目 動作・技のポイント



短刀突き内捌き
の基本
左半身スタート。

 

 

(^_^)v
技別
短刀突き内捌き
各種短刀取りのポイント
短刀突き内捌き: 入身投げ・ 四方投げ・ 小手返し・ 腰投げ・ 呼吸投げ・ 一教
短刀突き内捌き:



短刀突き内捌き
固め技
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き内捌き
五教
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き内捌き
六教(腕拉ぎひしぎ)
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き内捌き
小手返し
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き内捌き
裏飛込み入身投げ
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き内捌き
巻込み後投げ
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き内捌き
四方投げ
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き内捌き
切り返し腕拉ぎ呼吸投げ
/天秤投げ
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き内捌き
腕掴み呼吸投げ
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き内捌き
二教落し投げ
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き内捌き
腕逆極め(肘固め)
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀突き内捌き
両肩落とし
左半身スタート。

 

 

(^_^)v
参照
 
☆達人の合気蔵書☆
☆達人の合気ビデオ☆
武産合気道 第5巻 武器取り・二人取り編 (斉藤守弘 合気ニュース 2001) p95〜127



[▲Top]


短刀正面打ち たんとうしょうめんうち

項目 動作・技のポイント



短刀正面打ち
五教
右相半身スタート。

・受けが短刀を持っての攻撃に対する固め技です。
 木製と言えども,目にあたったりすると大変ですので慎重に稽古をしてください。

<構えと攻撃>
・右相半身から受けは短刀は逆手に,歯を上にして打ってきます。
 その分,取りの頭上まで届く時間が短く,
 一教とは同じ捌きでは,遅れてしまいます。

<初動と捌き>
 ・相手が振り下すと同時にでるようにします。
 ・右相半身から,左後足を一歩踏み出し,左手で相手の肘下を下から,
  支え止めます。 【開祖の写真: 武産合気第五巻p101(斉藤守弘)2001
 ・右手で,受けの手首を逆手に持ち,
  一教のように返しますが,肘を上から攻め,
  腕が一直線にするところが異なります。
  手首を決まると,肘が曲がってしまいますので,右手は緩めにして,
  肘を落として床まで。

<極めと短刀外し>
 ・相手の肘を上に持ち上げ,手の甲を床に這わせることにより,短刀の握りを
  外します。肘を鋭角にして,上から抑えるとさらに効果的です。
 ・甲を床にこすると,摩擦熱でかなりダメージを与えられます。
  稽古ではほどほどにしましょう。
 

(^_^)v



短刀正面打ち
肘極め
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀正面打ち
小手返し
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



短刀正面打ち
四方捌き天秤投げ
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



座技短刀正面打ち
五教
左半身スタート。

 

 

(^_^)v
参照
 
☆達人の合気蔵書☆
☆達人の合気ビデオ☆
武産合気道 第5巻 武器取り・二人取り編 (斉藤守弘 合気ニュース 2001) p95〜127



[▲Top]


短刀横面打ち たんとうよこめんうち

項目 動作・技のポイント



短刀横面打ち
五教

概要
短刀取り横面打ち五教は,基本の技で,合気道で出版させている色々な本で解説されています。
  @合気道 成美堂出版2007 p132-136

 受けが短刀を持っての攻撃に対する固め技です。
 木製と言えども,目にあたったりすると大変ですので慎重に稽古をしてください。
 受けは短刀は逆手に,歯を上にして打ってきます。

<構えと攻撃>
 ・左相半身半身でのスタートとなります。
 ・受けは右後足を一歩踏み出しての横面打ちです。

<初動>  ・相手が打ち下すと同時にでるようにします。
 ・相手が後足を前足より前に踏み出す前に,相手の動きを制します。

<捌き>
 ・左相半身から左前足を左へ踏み出し,左手で相手の肘下を下方から,
  支え止めます。右手で,受けの手首を逆手に持ち,
 ・一教のように返しますが,肘を上から攻め,
  腕が一直線にするところが異なります。
  手首を決まると,肘が曲がってしまいますので,右手は緩めにして,
  肘を重点に落として床まで。

<極めと短刀外し>
 ・相手の肘を上に持ち上げ,手の甲を床に這わせることにより,短刀の握りを
  外します。肘を鋭角にして,上から抑えるとさらに効果的です。
 ・甲を床にこすると,摩擦熱でかなりダメージを与えられます。
  稽古ではほどほどにしましょう。

・表と裏があります。

(^_^)v



短刀横面打ち
五教

その1
<短刀横面打ち五教 その1 表>  【合気道 成美堂出版2007】
左相半身スタート
ポイント:  ・短刀による横面打ちを受けの体勢が崩れるように,十分な入身で行う。
 ・五教の握りにとるときは,受けの手首関節を上から(内から)握る。
 ・短刀を取るときは,受けの腕と手首をクランク形に抑え,上から
  まっすぐ手首へ体重をかけ,手掌を開かせる。

<捌き>
 ・振りかぶると同時に動く。
 ・受けの側面へ十分入身し左手刀で受けの右腕を制し,切り下す。
  同時に顔面へ当身する。
 ・右手で受けの右手首を上から逆手で掴む。
 ・五教の表へ。

<短刀の取り方>
 ・まずは,受けの脇腹に膝を当てる。一教の座り極めと同じ。
 ・受けの腕を引き延ばすように抑える。
 ・受けの親指の付け根をしごくように圧迫して短刀をとってもよい。
 ・腕と手首がクランク形になるように手首を極める。
  受けの甲は畳に着けたまま移動させる。
 ・受けの手掌が開くまで,手首に真っ直ぐ上から力を加える。
  手掌が開いたら短刀を取る。

<短刀横面打ち五教 その1 裏>  【合気道 成美堂出版2007】
左相半身スタート

<捌き>
 ・相手の右手首を取るところまでは表と同じ。
 ・その後,相手の裏に右足を送足で進め,その足を軸に後方へ背転する。
  相手を五教裏で,制する。
 ・極めも表と同じ。

(^_^)v



短刀横面打ち
五教

その2


【T】
<短刀横面打ち五教 その2 表,裏>   左相半身スタート
・相手は左半身で右足を一歩踏み出しながら,
 逆手に持った短刀を相手の横面めがけて打ち込んでくる。
・相手が横面打ちで打ってくるや,直ちに相手の正面に入身し,
 右手で相手の顎に掌底当身を入れる。
 相手の右足が相手の前足を超す前に,当身を入れることで,相手は反り返り,当身をしのぐ。
・右手で相手の内手首を掴み,表ないし裏に捌く。

 ・短刀の取り上げ方法:
   一教の座り極め状態に極めた後,
    ・相手の肘を左手で掴みあげ,短刀を持っている相手の甲を畳にこすり,
     摩擦熱で相手の甲を攻める。→短刀を離す。
    ・肘を90度以上に曲げ,Zの字型にした後,肘の上より左手で押し,
     手首を攻める。握りができなくなる。→短刀を離す。
 ・残身:
   短刀を右手で取り上げ,相手の首筋に短刀を当ててフィニッシュ。
   短刀の刃は,相手の首に直接つけない。
   実物のナイフを用いての演武も考えて操作すること。

(^_^)v



短刀横面打ち
五教

その3


【Denis 131112】
<短刀横面打ち五教 その3/表>  【Denis 131112】
左相半身スタート
 ・相手が横面で打ってくるや,左横へ送足で入身し,相手の右足が前足より前に出るまえに,
  左手で下方より相手の肘を手を当てる。
  相手の右側面に入ることで,相手の横面打ちの動きをかわしているところがポイント。
 ・相手の右内手首を掴み,五教の表で相手をうつぶせにする。
   ・相手の短刀を握っている手を,爪先を立てた右太ももの上に載せ,
  相手の腕を伸ばし,相手の肘を上から攻めることで相手の短刀をとることも可能。
 ・次いで相手を一教の座り極めにした後,五教の極めに入る。

<短刀横面打ち五教 その3/裏>  【Denis・T 131112】
左相半身スタート
 ・相手が横面を打ってくるや,右足から後ろに送足で下がり,打ちをかわす。
 ・相手は短刀を返して,打ち込んでくるので,左,相手の右側面に入身し
  相手の手首と肘をとり,裏で五教を捌く。

(^_^)v



短刀横面打ち
四方投げ
左半身スタート。

 

 

(^_^)v
参照
 
☆達人の合気蔵書☆
☆達人の合気ビデオ☆
武産合気道 第5巻 武器取り・二人取り編 (斉藤守弘 合気ニュース 2001) p95〜127



[▲Top]


短刀取り/後ろからの攻撃 たんとうどり/うしろからのこうげき

項目 動作・技のポイント



後短刀つきつけ
小手返し
左半身スタート。

 

 

(^_^)v



後短刀首当て
三教
左半身スタート。

 

 

(^_^)v
参照
 
☆達人の合気蔵書☆
☆達人の合気ビデオ☆
武産合気道 第5巻 武器取り・二人取り編 (斉藤守弘 合気ニュース 2001) p95〜127



[▲Top]


銃取り じゅうどり

項目 動作・技のポイント






銃取りの状況
ここでは,後から銃を突き付けられた状況からの銃取りです。

<考え方と動作のポイント>,
  ・相手は,弾を撃つつもりあれば,既に撃っているはずで,
   銃を突きつけることは,他の目的を達成するための動作と考えます。【藤平先生】
  ・まずは,手順を理解するために,映画でのシーンを思い出します。
   向かい合って銃を突きつけた後に,「後を向け」と言います。
   これは,より有利な体制にすること,相手の反撃ができないようにするためですね。
  ・相手は,既に弾を撃つつもりあれば,既に撃たれているはずで,
   銃を突きつけることは,他の目的を達成するための動作と考えます。
  ・銃を持っている方は,素手の相手に対しては絶対的に有利であると確信して,油断しています。
  ・相手は,通常利き腕の右手で銃を構えます。ただし,利き腕が左の人もいます。
   事前に銃をどちらの手で持っているかがわかれば後の動きがらくです。
  ・こちらは,左右に足を広げ,すなわち自然体の状態で,背中に銃口を突きつけられている状態です。
   背中に銃口をつけた方が,離しておくよりよりも確度が高いと信じています。
   相手の腕は比較的伸びています。
  ・当方の両手は下げているか,両手を上げさせているかのどちらかです。
  ・攻撃の線,銃の延長線上,を外すこと。弾は真っ直ぐにしか飛びません。
   銃の反動を逃がすときは上方向ですので,左右にぶれません。

(^_^)v


銃取り
小手返し
ここでは,後から銃を突き付けられた状況からの銃取りです。
考え方と動作のポイントは,
  ・足を動かす暇は有りません。左右どちらかの足を軸に左右に廻ります。
   この時,腕を下げている場合は,

(^_^)v

[▲Top]

たつひとの合気道 極意 礼法 体操 基本動作 呼吸法 固め技 投げ技 呼吸投げ 技目次


本ホームページの作成者・管理者: 高橋達人 (Doctor T)