★たつひとの合気道技法★
合気道の極意を技に展開して
その10 武器取り・武器捌き: 太刀

<いつも工事中>

たつひとの合気道 極意 礼法 体操 基本動作 呼吸法 固め技 投げ技 呼吸投げ 技目次

◆武器取りは,怪我をしないように注意して行います。

2016/09/09 改訂

太刀取り  杖取り  杖捌き/杖投げ 

太刀取り たちどり

項目 動作・技のポイント






太刀取りの基本

<太刀取りの基本的な注意>

  ・剣の持ち方は柄を右手で前方を,左手で柄の後を持つ。
   基本は右構え正眼せいがん中段。
  ・受けも通常右構え正眼中段,
   右相半身でスタート。
   逆半身に構える場合もある。
  ・技により,表と裏,内入り・外入り,左右で可能な技と,
   どちからしかできないものも存在する。
  ・剣は,刃がついているので,木剣といえども,その向きを常に意識し技を行う。
  ・取りは太刀をしっかり確保すること。
   技が掛けられている間に,剣が飛んだりすると取りや受けだけでなく,
   周りの人も怪我をさせることになります。
   丁寧に,慎重に武器取りを行うともに,
   受けも途中で武器が手から離れないようにすることが必要です。
  ・太刀取りの中にも実際,太刀を受けより取り上げずに,
   捌いて投げる「太刀取り」もあります。
   ここでは,「太刀捌き投げ」としています。

(^-^)v







太刀取りの捌き

<正面打ちの捌き>

  ・右半身スタート。
   太刀を正眼せいがんに構えて右相半身で相対します。
  ・打ち太刀(受け)には,相手(取り)が表に来るか,裏に来るか分かりません。
   したがって,打ち太刀は,真っ直ぐに相手の正面に打ちます。

  ・取りは,打ち太刀の動きに合わせてから入ります。
   「振り上げる剣に合わせること」
   合わせ方は,相手の剣の振り上げに同期させ,自分の手刀も挙げる。
   または振り上げる気持ちで合わせます。
   ※同期させずに動くと,相手の剣が自分に流れてきます。【米谷守正先生】

  ・相手が剣を振り落しを開始してからでる。【米谷守正先生】
   出るときはまず相手に向かい真っ直ぐに出てから,左右に体を捌く。【米谷守正先生】130223

<攻撃の線を外す>

 打ち太刀(受け)の攻撃の線を外す。
  ・四通りの入身の方法があるが,
   基本は,
   右前足で,相手の左側面,表に,または左後足で相手の右側面,裏へ入身する。
   踏み込む足先は,当身を入れる相手の脇腹,真中に向ける。
  ・入身の足捌きにおいて,歩幅が大きいと,継足つぎあしにせざるを得ず,時間がかかる。
   迅速な動きには,歩幅を通常より狭め,直ちに送足おくりあしで動けるようにする。
   膝は伸ばした状態でなく,すぐ動けるように,やや曲げた柔らかい状態で相手に対峙する。
  ・踏み込んだ足を軸にして,他方の足を自己の後方に転じて,相手が振り下ろす攻撃の線を外す。
   体捌きの一重身ひとえみを意識すること。
   転じた足の爪先つまさきが,前足の内の延長線から出ないようにすることで一重身が作れる。
  ・特に後ろの手に注意する。意識しないと手が攻撃の線上に残ることがある。
   力を出すためにリラックスは重要だが,体がリラックスすると腕が残りやすい。
   後手で,袴の一部を握る方法もある。
   体の一重身を強く意識することで,後手が残ることを防ぐ。

  ・捌きに際し「一重身」を作ることで,相手への当身が効果的になるとともに,
   攻撃の線を完全に外せ,かつ体の統一体を作ることができる。

<体捌きと足捌きの種類>

 足捌きでの分類
  ・右相半身から右前足で表と裏に入る。
   @相手の左側面・表・内 (自分の右): 太刀に向かう(太刀に正対,向き合う)
    右拳で当身を入れた後,
     →右手で太刀の柄を掴み,太刀取り呼吸投げ。
     →左手で中柄を掴み,一教。
     →両握りを掴んで四方投げ。
   A相手の右側面・裏・外 (自分の左): 太刀に背を向ける
    左肘で顔面に当身を入れた後,
     →側方入身投げ。

  ・右相半身から左後足で相手の表,裏に踏み込む。
   B相手の左側面・表・内 (自分の右): 太刀に背を向ける
    右肘で顔面に当身を入れた後
     →右手で上から中柄を掴み呼吸投げ。

   C相手の右側面・裏・外 (自分の左): 太刀に向かう(太刀に正対,向き合う)
    左拳で当身を入れた後,
     →左手で太刀の柄を掴み,太刀取り呼吸投げ。
     →右手で太刀の柄を掴み入身投げ(側方入身投げ,巻込み入身投げ)。

 入身後の太刀と体の関係
   ・相手の表に,前足から入る→ 体を太刀に向ける(太刀に正対)。
   ・相手の表に,後足から入る→ 背を太刀に向ける。
   ・相手の裏に,前足から入る→ 背を太刀に向ける。
   ・相手の裏に,後足から入る→ 体を太刀に向ける(太刀に正対)。

 剣の基本,剣の持ち方,握り方,構え等,振り方については,「剣素振りけんすぶり」を参照方。

(^-^)v






太刀取りの
当身あてみ

<太刀に正対する捌きでの当身>

 剣に正対する捌きで,剣の表あるいは裏に捌いた後,
  〇相手の左側面,表に入身した場合:
   受けが大上段から正面を打とうとするや,右前足から相手の左側面に入身し,左後足を裏へ廻り,
   一重身ひとえみにて相手の振り下ろす太刀の攻撃の線を外す。
   同時に右拳で相手の左脇腹肋わきばらあばらに当身を入れる。
   ・当身は振り子 (pendulum) のような動きで行う。
   ・また,顔面でなく,脇腹に当身を入れることにより,
    その後の柄を介した動きが迅速に行えるようになる。【T】1303402

  〇相手の右側面,裏に入身した場合:
   受けが大上段から正面を打とうとするや,左後足から相手の右側面に入身し,
   一重身にて相手の振り下ろす太刀の攻撃の線を外し,
   同時に左拳で相手の右脇腹肋に当身を入れる。

 当身の時も体は垂直に保つことを心がけ,当身のみに集中し体勢を崩さないこと。

<太刀に背を向けての捌きでの当身>

  〇相手の左側面,表に入身した場合:
   受けが大上段から正面を打とうとするや,左後足から相手の左側面に入身し,
   相手の振り下ろす太刀の攻撃の線を外し,
   同時に転回し,右肘で相手の顔面に当身を入れる。
  
  〇相手の右側面,裏に入身した場合:
   受けが大上段から正面を打とうとするや,右前足から相手の右側面に入身し,
   相手の振り下ろす太刀の攻撃の線を外す。
   同時に転回し,左肘で相手の顔面に当身を入れる。
  
(^-^)v
技別
太刀取り
各種太刀取りのポイント
入身投げ・ 側方入身投げ・ 巻込み入身投げ・ 四方投げ・ 小手返し・
呼吸投げ・ 腰投げ・ 一教



太刀取り
入身投げ


【130416】

右相半身スタート。
<外入り捌き>
相手の裏に入り,太刀柄を持って操作します。
・受けが取りの正面を打とうとするや,左足から相手の右側面に入身し,
 左拳で相手の右脇腹肋に当身を入れる。
・左手で肩,右手で柄つかを握り,右足を踏込ながら,
 柄頭で相手の顔面を打つように丸く返し投げる。
・最後は,相手の剣を取り,相手に剣先を向けて残身をとります。

(^_^)v


太刀取り
側方入身投げ


【130416】

右相半身スタート。
<外入り捌き>
相手の裏に入り,太刀柄を持って操作します。
・受けが取りの正面を打とうとするや,左足から相手の右側面に入身し,
 左拳で相手の右脇腹肋に当身を入れる。
・右手で中柄なかつかを握り,左手を上方に,
 左腕を相手の上半身に載せ,側方入身投げで下方に投げ抑えます。
・最後は,相手の剣を取り,相手に剣先を向けて残身をとります。

(^_^)v


太刀取り
巻込み入身投げ


【130416】

右相半身スタート。
<外入り捌き>
相手の裏に入り,太刀柄を持って操作します。
・受けが取りの正面を打とうとするや,左足から相手の右側面に入身し,
 左拳で相手の右脇腹肋に当身を入れる。
・左手で肩,右手で柄つかを握り,右足を軸に
 左足を裏へ廻り,背転しながら,柄頭で相手の顔面を打つように丸く回し投げます。
・最後は,相手の剣を取り,相手に剣先を向けて残身をとります。
・受けは,座るような受けを取ります。

<内入り捌き>
相手の表に入り,太刀柄を持って操作します。
・受けが取りの正面を打とうとするや,右足から相手の左側面に入身し,
 右拳で相手の左脇腹肋に当身を入れる。
・右手で中柄なかつかを握り,左手を峰に直角に置く。
・相手の剣の流れにそって,下から上へと丸く,相手の自己の間を押し捌き,
 剣が立った状態から,柄を相手の頭上に導き上げる。
・左手で肩,右足を踏込ながら,
 柄頭で相手の額ひたいを打つように丸く巻込み入身投げで投げる。
・最後は,相手の剣を取り,相手に剣先を向けて残身をとります。

(^_^)v


太刀捌き投げ
直入り入身投げ
右相半身スタート。
<内入り捌き>
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,右前足から相手の左側面に入身し,
  右拳で相手の左脇腹肋に当身を入れる。
 ・左手手刀及び左腕を相手の顔面及び袈裟掛けに当て,直入り入身投げ

<外捌き>
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,左後足から相手の右側面に入身し,
  左拳で相手の右脇腹肋に当身を入れる。
 ・右手で直入り入身投げ



(^_^)v


太刀取り四方投げ
【米谷守正先生130223】
【130326】
右半身スタート。太刀取りの四方投げは表と裏で,持ち方が異なります。

 表:内入り
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,右足から自己の右へ入身し,
  右拳で相手の左脇腹肋へ当身を入れる。
 ・両手で太刀を持つ左右の握りを上から掴み,剣を相手と自己の間を滑らせ誘導する。
  太刀を両手で誘導することが大切
  <他の操作の仕方>
   左手掌を峰みねに,右手で柄つかを持ち,
   刃で受けと自己の間を通すようにして左足を進め,体の向きを変えて四方投げ。

 裏:外入り
 ・右手で上から柄の中央を掴み,左手で相手の右握りを掴んで四方投げ裏へ。

(^_^)v


太刀取り四方投げ捌き
巻込み入身投げ
右半身スタート。
 ・四方投げの表のように捌き
 ・剣が受けの取りの間で垂直に立った状態から,柄端の方の手を中柄にずらし,掴み,
  巻込み入れ身投げへ。

(^_^)v


太刀取り小手返し


【130326】
右相半身スタート。
・受けが取りの正面を打とうとするや,左足から相手の右側面に入身し,
 左拳で相手の右脇腹肋に当身を入れる。
・左手で相手の右小手を掴み,転換して真中に崩し,
 太刀と右小手を巻き込むように返して,小手返し。
・最後は,相手の剣を取り,相手に剣先を向けて残身をとります。

(^_^)v


太刀取り呼吸投げ

前方投げ



★★★

【130326】
【130416】

右相半身スタート。
太刀の中柄なかつかを握り,前方に投げ,太刀を取ります。
表と裏に入る方法があります。

内入り捌き> 【160707】
 表:
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,右足から右に入身し,
  右拳で相手の左脇腹肋に当身を入れる。
 ・右手で中柄を掴み,刃を外に向け,右足を軸に転換する。
 ・閉じた内肘を腕を伸ばすことで広げ伸張力を発揮させ,
  送り足と右腕の伸張力とで前方へ投げる。
 ・体は常に垂直を保つ。
 ・最後は,相手の剣を取り,相手に剣先を向けて残身をとる。

 <変化: 吊り上げ前方投げ>
  ・右手で中柄を掴み,刃を外に向け,相手を吊り上げながら,右足を軸に転換して,
   吊り上げた状態を維持し,送り足で右腕の伸張力を生かし,前方へ投げる。

 <変化: 重力落とし投げ>
  ・中柄を取った後,転換し,中柄に重力掛けすることにより,右下方へ投げる。
  ・最後は,相手の剣を取り,相手に剣先を向けて残身をとる。

外入り捌き
 裏:
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,左足から相手の右側面に入身し,
  左拳で相手の右脇腹肋に当身を入れる。
 ・左手で相手の右腕の下から,中柄なかつかを掴み,左足を軸に転換して,
  さらに,左足を送り足で出しつつ,右腕の伸張力を生かし,前方へ投げる。
 ・最後は,相手の剣を取り,相手に剣先を向けて残身をとる。

(^-^)v






太刀取り天秤投げ




★☆

右相半身スタート。
太刀の中柄なかつかを握り,天秤投げで前方に投げ,太刀を取ります。
相手の体格によっては,体の合気を使った「肩入れ投げ」も有効です。
表と裏に入る方法があります。

内入り捌き
 表:
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,右足から右に入身し,
  右拳で相手の左脇腹肋に当身を入れる。
 ・左手で中柄を逆手に掴み,刃を外に向け,右腕を受けの両腕の下に差し込みながら転換し,
  右足を送り足で進め,天秤投げで,前方へ投げる。
 ・最後は,相手の剣を取り,相手に剣先を向けて残身をとる。

内入り捌き その2> 【Paul 160707】
 表:
 ・右手で中柄を掴み,剣を立てながら
  転換しつつ相手を回し,相手を自己の前に位置させる,
 ・左腕を受けの両腕の下に差し込む。
 ・左足を送り足で進め,天秤投げで,前方へ投げ,
  相手の剣を取る。

外入り捌き
 裏:
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,左足から相手の右側面に入身し,
  左拳で相手の右脇腹肋に当身を入れる。
 ・右手で相手の右腕の上から,中柄なかつかを掴み,刃を外に向けつつ,
  左腕を相手の両腕の下から差し込みながら転換する。
  左足を送り足で出しつつ,両腕の伸張力を生かし,前方へ投げる。
 ・最後は,相手の剣を取り,相手に剣先を向けて残身をとる。

(^-^)v






真剣白羽取り




★★

【130326】
【130416】

右相半身スタート。
・相手の真剣を取り上げます。 ・受けは,木刀を真剣と思って受けを取ります。
・表と裏に入る方法があります。

内入り捌き
 表:
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,右足から右に入身し,
  右拳で相手の左脇腹に当身を入れる。
 ・右手で上から中柄を掴み,左手掌を峰に直角にあて,右手を位置を固定し,
  一歩左足を進めながら,左手で相手の鳩尾に向かって太刀の切先きっさきを送り込む。
 ・柄頭が相手の両手の間を通るように行う。
 ・最後は,相手の剣を取り,相手に剣先を向けて残身をとる。
  残姿は,刃を上に,柄を頭上に位置させる。

 受け
  ・受けは,刃が自己に触れないように,真後ろへ受けを取る。
  ・受けは,ただ後に下がるだけでは,刃の速度に対し追いつけないので,
   重力を使った後受身を取る。
  ・練習では,刃の繰り出しの速度を緩め,受けが正しい受けがとれるように誘導する。

外入り捌き
 裏:
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,左足から相手の右側面に入身し,
  左拳で相手の右脇腹肋あばらに当身を入れる。
 ・左手で相手の右腕の上から,中柄なかつかを掴み,
  左手掌を峰に直角にあて,右足を出しつつ,右手で相手へ向かって太刀の切先を送り込む。
 ・柄頭が相手の両手の間を通るように行う。
 ・最後は,相手の剣を取り,相手に剣先を向けて残身をとる。

 ・受けは,刃が自己に触れないように,真後ろへ受けを取る。

(^-^)v


太刀取り腰投げ

右相半身スタート。

<内入り捌き>
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,右足から右に入身し,
  右拳で相手の左脇腹肋に当身を入れる。
 ・右手で中柄を掴み,刃を外に向けながら,相手を吊り上げ,右足を軸に転換しつつ,
  足の入れ替えで,左足を相手の両足の間に入れ腰投げで投げる。
 ・最後は,相手の剣を取り,相手に剣先を向けて残身をとる。

(^_^)v




太刀取り顎当て投げ



右相半身スタート。

<内入り捌き>
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,右足から右に入身し,
  右拳で相手の左脇腹肋に当身を入れる。
 ・左手で中柄を逆手で掴み,右掌底で相手の顎に下から当身を入れる。
 ・顎に当てた掌底を内肘を開くことで伸張力を使って投げる。
 ・左手は,中柄を掴んだままにし剣を取る。

 ・最後は,逆手に掴んだ相手の剣で相手に剣先を向けて
  左半身で残身をとる。

(^-^)v


太刀取り一教


【130326】
【130416】
右相半身スタート。

<内入り捌き>
 表:基本
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,右前足から右に入身し,
  右拳で相手の左脇腹肋に当身を入れる。
 ・左手で横から中柄なかつかを掴み,柄の端で柄を返し立て,相手の左腕を突き上げる。
 ・受けの左手首を返し,相手の左腕を一教表で抑える。
 ・刃の向きに常に注意する。

 裏:
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,右前足から右に入身し,
  右拳で相手の左脇腹肋に当身を入れる。
 ・左手で横から中柄なかつかを掴み,柄の端で柄を返し立て,相手の左腕を突き上げる。
 ・受けの左手首を返し,右足を軸に背転し,相手の左腕を一教裏で抑える。
 ・刃の向きに常に注意する。

<外入り捌き>
 表:
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,左後足から左方向,相手の右側面に入身し,
  左拳で相手の右脇腹肋に当身を入れる。
 ・右手で相手の右腕の下から,中柄を掴み,柄を返し立て,
 ・柄の端で相手の右手首を返し,刃を外に向けつつ,右腕を一教表で抑える。
 ・刃の向きに常に注意する。

 裏:基本
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,左後足から左方向,相手の右側面に入身し,
  左拳で相手の右脇腹肋に当身を入れる。
 ・右手で相手の右腕の下から,中柄を掴み,柄を返し立て,
 ・柄の端で相手の右手首を返し,刃を外に向けつつ,背転し,右腕を一教裏で下方に抑える。
 ・刃の向きに常に注意する。

(^_^)v


太刀取り表捌き
裏立極め三教


【130326】
右相半身スタート。

<内入り捌き>
 ・相手の内,表に踏み込み,左手で柄を掴み,
 ・相手の左側面で,右手で相手の左手を三教に取る。
 ・三教を極め,太刀を取り,相手の左肩を下方に落し,裏極め。
 ・刃の向きに常に注意する。

(^_^)v


太刀取り肘極め


【130326】
右相半身スタート。

<外入り捌き>
 ・受けが取りの正面を打とうとするや,左後足から相手の右側面に入身し,
  左拳で相手の右脇腹肋に当身を入れる。
 ・左手で受けの右小手を掴み,左腕で,相手の右腕を抱える。
  右小手を捻り回し,自己の右肩口に当てる。
  左肘を受けの右肘にかぶせ極め,太刀を取る。

(^_^)v
参照
 
☆達人の合気蔵書☆
☆達人の合気ビデオ☆
合気道 剣・杖・体術の理合 第二巻(斉藤守弘 港リサーチ 1974) p78〜100
武産合気道 第5巻 武器取り・二人取り編 (斉藤守弘 合気ニュース 2001) p11〜41
規範 合気道 応用編 (植芝守央 出版芸術社 2001) p180〜185


[▲Top]

たつひとの合気道 極意 礼法 体操 基本動作 呼吸法 固め技 投げ技 呼吸投げ 技目次


本ホームページの作成者・管理者: 高橋達人 (Doctor T)